勉強

雇用形態の違いを徹底解明!パート・アルバイト・派遣・契約・正社員



学生さんであればアルバイト、主婦の方はパート、社会人になると正社員で働く。正社員の少し変わった働き方に派遣や契約社員などがある。ざっくりとそんなイメージをお持ちではないでしょうか?

 

もちろん間違ってはいませんが、それぞれの働き方がどのようなものなのか詳しく理解していますか?今回は雇用形態を企業と働く側の2つの目線からご説明したいと思います。

 

働く側:雇用形態とメリット・デメリット

 

ではまず働く側からの目線として各雇用形態がどのようなものかとメリットデメリットを見ていきたいと思います。

 

パート、アルバイトの良し悪し

 

まず何となく使い分けられているパートアルバイトという言葉の解釈について説明します。主婦は「パート」、学生は「アルバイト」と思われがちですが、これは企業側が便宜的に使い分けている呼び名であり、法律上両者に違いはありません!

 

基本的にどちらも曜日や時間帯を自分で選んで働ける従業員のことを意味しています。なぜ「パート」と「アルバイト」という別々の呼び名があるのかというと、企業側が「パート」=主婦向け、「アルバイト」=学生やフリーター向け、と区別しやすくするために分類して呼んでいるのが実情です。

 

語源の由来

もともとパートは「フルタイム」に対する言葉で、「パートタイム」を略したものです。正社員のようにフルタイムで働くことが難しい女性の働き方として広まったため「パートをするのは主婦」というイメージが定着しています。

 

アルバイトは、「勤労」を意味するドイツ語「Arbeit」から生まれた言葉です。学費や生活費を賄う仕事をするときに「アルバイトをする」と表現したことが語源となっています。

 

メリット

 

  • 自分の都合で働く時間帯や曜日が選べる
  • お仕事の数が多く選べる
  • 掛け持ちで複数の仕事ができる
  • 正社員に比べ責任が軽く辞めやすい

 

デメリット

 

  • 正社員に比べると収入が低くなる
  • 昇給や賞与がない
  • 手当や福利厚生面でも正社員に比べて不利
  • 収入面での安定が無い
  • 業務内容が一定で物足りなさを感じる

 

派遣社員の良し悪し

 

では次に派遣社員とは何かとメリットデメリットをご紹介します。

 

派遣社員は雇用契約を派遣元である人材派遣会社と結びます。人材派遣会社に事前に登録し派遣先が決まると雇用契約を結び、その会社が契約している企業に派遣されて働きます。

 

給料を支払うのは派遣元で、適用される福利厚生も派遣元のものとなります。一方、業務に関する指示は派遣先の企業から出され、それに従って仕事をすることになります。

 

メリット

 

  • 働き方を自由に選べ、ライフスタイルに合わせて働ける
  • 仕事内容に合わせ派遣されるため希望の仕事ができる
  • 会社、仕事内容が合わない場合に自分に合った仕事に変更できる
  • 派遣先でのトラブルは派遣会社がフォローしてくれる
  • 有名企業やマスコミなど憧れの企業で働くチャンスがある

 

デメリット

 

  • 交通費は自己負担の場合が多い
  • 賞与が無い
  • 重要ではない簡易な仕事が多い
  • 社会的信用が正社員よりも低い



契約社員の良し悪し

 

契約社員とは、働く期間を契約で定めて企業に雇われる社員のことを指します。法律上、1回に契約できる期間は最長で3年となっており6か月や1年などの契約もあります。

 

契約期間が終わったら、契約は終了しその後、契約更新となるかどうかは、そのときの会社の状況や、契約社員としての実績、本人の持つスキルなどさまざまな判断で決まります。

 

メリット

 

  • 話し合いにより雇用契約に自分の意志を反映できる
  • 残業せず定時での退社が可能※雇用契約内容による
  • 転勤がありません
  • 専門スキルを見込まれての採用の場合正社員より高い収入も可能
  • 契約期間があるので退職の意志を伝えやすい

 

デメリット

 

  • 契約期間があるため良い仕事内容、会社でも長く働くことができない
  • 退職金や賞与は無い
  • 社会的に不安定な立場に見られることが多い

 

正社員の良し悪し

 

正社員は「正規社員」ともいい、会社の規定に従って直接雇用され、なおかつ雇用期間に定めがない労働者を意味します。雇われた側は、業務命令に従わなければなりません。異動や転勤を命じられ、自分のやりたい仕事ができなくなることもあります。

 

メリット

 

  • 契約期間などは無く長期間働ける
  • 昇給や昇格の機会がある
  • 社会保険や福利厚生などの手当てがある
  • 賞与が出る

 

デメリット

 

  • 異動や転勤がある
  • 責任がほかの雇用形態と比べて重い
  • 会社の就業規則に従う義務がある
  • 長期の休みなどが取りづらい

 

派遣社員は派遣元の会社に雇われて勤務先に派遣されています。契約社員と正社員は勤務する会社に直接雇われますが、契約社員が期間限定となります。一方正社員は期限なし、定年まで働くことができます。

 

派遣社員や契約社員は、契約期間が満了となると次の勤務先を探す必要がありますが、その分、ライフスタイルに合わせて働き方を選べる利点もあるのです。

 

 

ここからは企業目線でお話をします。

 

雇用形態の種類

 

契約形態は大きく分けると「直接雇用」「労働者派遣」「請負、業務委託」の3つとなります。業務に合わせた必要な人材を確保するため、事業主である企業は労働者を雇うか、派遣事業者から労働者を派遣してもらうか、あるいは業務を外部に委託することになります。

 

「直接雇用」とは、事業主が労働者と直接雇用契約を結ぶ形態のことを指します。勤務時間や日数、時期などによって契約内容や条件によって、正社員、パートタイマー、アルバイト、契約社員などがあります。

 

「労働者派遣」とは、事業主が派遣事業者と契約を結ぶ雇用形態のことを指します。「請負、業務委託」とは仕事の完成や業務単位で契約を結ぶものです。

 

雇用形態は自由に選べる

 

企業が事業を発展させていくうえで、人材(労働力)の確保は欠かせないポイントとなります。人材を活用する方法に、法的に決まった形はありません。

 

事業主がどのような労働力を募集し、その労働者とどのような内容で雇用契約を結ぶかは労働に関する法律や諸規制に反しない限り自由となります。

 

直接雇用

 

使用する側の事業主と労働者が直接雇用契約を結ぶものを直接雇用といいます。大きく分けると正社員非正社員があり、非正社員の中にはパートタイマーやアルバイト、契約社員、期間雇用などがあります。

 

労働者派遣

 

労働者は派遣元である派遣会社等と雇用契約を結んでいます。労働者派遣で派遣されてくる労働者は、派遣先の事業所で業務にあたりますが、その事業主と雇用関係はありません。事業主は派遣元の派遣事業者と派遣についての契約を結ぶ必要があります。

 

請負、業務委託

 

業務委託は委託先から一定の業務を委託されるものとなります。受託先はある程度自由な裁量で業務を処理することができる契約です。請負は委託先から受注した仕事の完成により契約を結ぶもので、製品の納品や役務処理をもって完了とするものです。

 

分かりやすく言えば、事業主によるアウトソーシングの一種となり、仕事の完成後や業務終了後には賃金ではなく、報酬として代金が支払われます。ほかの雇用形態と違い、業務に従事する労働者に対して労働法制上の規制等がないのも特徴です。

 

まとめ

 

雇う側も雇われて働く側も雇用形態にはパート、アルバイト、派遣社員、契約社員、正社員とさまざまな形があり、どの働き方にも一長一短があります。

 

今の会社の状況や、自分の適性、将来設計を見据えた上で、働き方を選ぶと良いでしょう。それぞれのメリットとデメリットを理解し、雇う人の雇用形態や自分に合った働き方を見つけましょう。

 

別の記事では私の求人営業10年間の経験をもとに、私にしか語れない、

■採用単価を抑える方法

■面接で魅力的と思わせる方法

■媒体選定の基準

など、様々な企業の成功事例を含めて価値ある情報をお伝えしていきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。