勉強

新卒必見インターンシップの目的と種類を見極めよう!

 

こんにちは。人事マスクです。今回はインターンシップのお話をしましょう!

 

新卒の方にお伺いします!インターンシップに参加していますか?参加している人は何のために参加していますか?ちなみに参加していない方もこの記事を必ず読んでください。

 

「みんなが参加しているし参加したほうがいいのかな」という気持ちで参加しても得られるものは、なけなしの達成感とやった感くらいです。

 

この記事を最後まで読んで理解してから参加するのかどうかで大きくライバルと差がつきます。またこれを読んで参加しない!と決めるのもあなたの選択です!

 

 

インターンシップとは

 

インターンシップの概要

 

インターンシップとは、就業体験を通じて、仕事や企業、業界、社会への理解を深めることができる制度です。実は企業と学生の双方にメリットがあります。

 

数日間のものから1カ月以上にわたる長期のものまで実施期間はさまざまですが、社会に出る前にビジネスの現場を体感できる貴重な機会になります。

 

インターンシップのメリット

 

企業にとっては学生に自社の事業内容や社風を理解させる目的の他に、既存社員が仕事に対する意識や理解度を見つめ直せたり、企業のイメージアップを図れたりとメリットがあります。

 

メインコンテンツとなる就業体験は「実務体験型」と「疑似体験型」の2つの形式に大別されます。それぞれのメリット、デメリットもご紹介いたします!

 

 

インターンシップに参加する目的

 

では、インターンシップでは仕事や企業、業界、社会への理解を深めることができ、社会に出る前にビジネスの場を体験できる貴重な機会の中で何を目的に参加するのでしょうか。

 

  • 業界、企業、職種理解を深めるため
  • 就活の予行演習
  • 自己分析を深めるため
  • 社会人とのコミュニケーションに慣れるため
  • ビジネスに必要なスキルを知るため
  • 人脈を広げるため
  • 特に目的なし

 

など多種多様な参加の目的が挙げられます。具体的にいくつか見ていきましょう!あなたならどの目的が1番自分のメリットになりそうですか?

 

業界、企業、職種理解のための参加

 

新卒の就活では、まだ自分がどのような分野に興味があり、どのような企業があり、仕事内容も理解していない為、就活の第一歩として参加する人が多いようですね。

 

同じ業界の企業のインターンシップに参加することで他社との違いや会社の雰囲気、働いている人の雰囲気なども把握できます。

 

就活の予行練習のための参加

 

実際に就職したいと考えている企業の場合、インターンシップに参加することで本番の就活の際に話題には困りませんし、企業から見てもインターンシップに参加していて意欲が高い評価されます!

 

就活本番の面接に向けて、会社の雰囲気や社会人とのコミュニケーションに慣れるという目的での参加も見受けられますね。

 

自己分析を深めるための参加

 

ワークや学生、企業の社会人の人と接することで自身の強みや弱みを発見することに役立てているようですね。また業界や業種など向いている仕事や興味がある分野を発見できます。

 

他人から見た自分のフィードバックをもらえる機会はとても重要です。自分はもちろん周りの友人は既にあなたを知っている状態です。

 

面接官は大半の場合、初対面なので初対面の人からどのように見えるのかを把握することは就活においてとても重要です!



 

インターンシップの種類

 

インターンシップには大きく分けて「実務体験型」と「疑似体験型」の内容があります。どういったものか一緒に見ていきましょう!

 

実務体験型のインターンシップ

 

実務体現型では、実際の職場に学生を受け入れ実践的に仕事を体験してもらう形式になります。会社の業務の理解が深まります。

 

事務作業や先輩社員の営業同行、製品の設計や組み立てなど実務を通じて職業観を育むことができます。主に中小企業で行われることが多いようです。

 

数日から1年以上など期間は様々ですが、短い期間のものですと「さわり」だけですが1か月以上のインターンシップですと通常業務まで任せてもらえることが多いです。

 

疑似体験型のインターンシップ

 

疑似体験型のインターンシップではビジネスゲームやグループワークなど仕事を疑似的に体験してもらう形式になります。

 

複数人の学生でグループを結成し「業務効率化」「新しい商品の企画」などのミッションに対してディスカッションしプレゼンテーションを行う流れです。

 

実務ではなくゲーム形式で仕事内容を説明する企業も見られます。基本的に実施期間は短く1日から長くても7日程度の開催となります。

 

 

学生から人気のインターンシップの内容

 

人気順にご紹介します。

 

  • 同行体験型(実務体験型)
  • 職場見学
  • ロールプレイング型(疑似体験型)
  • シミュレーション型(疑似体験型)
  • 座学講座型
  • 社員インタビュー型
  • グループワーク、ディスカッション型(疑似体験型)
  • ビジネスコンテスト型

 

人気が高い同行体験型は学生の半数以上が参加したいと考えているようです。理由は社会に出る前に仕事を体験することができリアルな実務を見て感じることができる事です。

 

一方、疑似体験型では、グループワークやディスカッションを通して社員から適切なフィードバックをもらえることが多いという理由で人気です。

 

どちらでもないですが、社員インタビューや職場見学などが人気の理由は、こちらも会社や、社員さんのリアルな雰囲気や様子を感じることができるからですね。

 

 

インターンシップの形式によるメリット、デメリット

 

インターンシップを開催する目的により、どちらを選ぶのかは企業側の自由です。学生は逆に目的によって参加するインターンシップを選ぶと良いでしょう。

 

各々、いい面と悪い面があるので最後に確認しましょう!

 

実務経験型のインターンシップのメリット

 

長期にわたって職場で仕事体験ができるので自社、業界、業務内容の理解が深まります。実践的な仕事体験を通じて仕事のやりがいなども得ることができます。

 

企業側は学生に実務を教える先輩社員のマネジメントスキルの向上、学生から刺激を受けモチベーションアップにもつながり社員の成長に繋がります。

 

実務経験型のインターンシップのデメリット

 

学生からするとデメリットはありません。唯一挙げるとすると時間を取られることくらいですね!企業側も同様で受け入れ先の部署や先輩社員の業務時間が割かれることです。

 

インターンシップの成功のカギは受け入れ態勢の準備にあります。先輩社員の意識、受け入れ部署の協力は必須となります。ビジネスマナーなども教える必要があります。

 

学生に対して手厚いフォロー体制を確立できる企業であれば、学生は有意義に自社や業務の理解を深めることができます。

 

疑似体験型のインターンシップのメリット

 

とにかく導入しやすいことがメリットです。学生からしても1日や長くて3日など参加しやすい内容になります!先輩社員の負担も軽く、参加者も多く広く会社を宣伝できます。

 

社員ともコミュニケーションを取れ、企業理解も深まり達成感、満足感も得ることができます。インターンシップ後に参加者のみのイベントなども実施している企業が見受けられます。

 

疑似体験型のインターンシップのデメリット

 

導入のしやすさから企業説明会になりやすい事が挙げられます。企業は学んでほしいことや目的を明確にしてプログラムを設計することがとても大切です。

 

疑似体験型のインターンシップでは、大概の場合先輩社員からフィードバックをもらえますが単なる会社説明会のような内容だと得るものは少ないです。

 

参加前にプログラム内容を確認するのが良いでしょう



 

まとめ

 

インターンシップの目的を理解して参加するかしないかでライバルと大きく差が出ますよ!疑似体験型のインターンシップで先輩社員にエントリーシートを見てもらうなんて普段はできませんよね?

 

学生目線ではなく社会人の目線でのフィードバックをもらうために参加している人と、なんとなく参加している人との差は歴然です。

 

8割以上の学生はインターンシップに参加してよかった、意味があると考えています。いきなり実務体験型の長期のインターンシップは内容も不明瞭で大きなリスクです。

 

まずは1日や3日程度のインターンシップに参加してみてはいかがでしょうか?

 

別の記事では私の求人営業10年間の経験をもとに、私にしか語れない、

■採用単価を抑える方法

■面接で魅力的と思わせる方法

■媒体選定の基準

など、様々な企業の成功事例を含めて価値ある情報をお伝えしていきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。