就活・転職

業界・職種別の転職理由ランキング2020年版!!



人事マスクは思います。転職理由は決して単純に1つの理由では無くいくつもの要因が複雑に絡み合っているのです。今回は業界別の転職理由をお話しします。

 

是非、自社の業界の転職理由の上位3つでも把握頂き離職改善に役立てていただければと思います。自社社員が辞める際は建前の理由しか話してくれません。

 

また採用を検討する際には採用ターゲットの転職理由を考慮しそれが改善できる自社の魅力をアピールすることによって採用成功に導いてください!

 

転職市場の全体感

 

  • 1位 ほかにやりたい仕事がある 15%
  • 2位 給与に不満がある 11%
  • 3位 会社の将来性が不安 10%
  • 4位 残業が多い/休日が少ない 8%
  • 5位 専門知識・技術を習得したい 5%
  • 6位 幅広い経験・知識を積みたい 4%
  • 7位 土日祝を休みたい 3%
  • 8位 U・Iターンしたい 3%
  • 9位 業界の先行きが不安 3%
  • 10位 市場価値を上げたい 3%

 

求人倍率は高水準を維持していたため、売り手市場の状況が続き年収アップを狙っての「給与に不満がある」という転職理由がランクアップ。

 

会社の評価方法に不満がある」は11位となりましたがやはり根強く転職理由の上位にランクインしています。

 

5位「専門知識・技術を習得したい」、

6位「幅広い経験・知識を積みたい」、

10位「市場価値を上げたい」など、

スキルアップを望む転職理由は前年度比で増加傾向です。

 

人生100年時代と言われ、働き続けることが求められていく中で、スキル・経験を積める環境に移りたい、という方が増えてきていると考えられます。

 

2019年4月に「働き方改革関連法」が施行されましたが、

4位「残業が多い/休日が少ない」、

7位「土日祝日に休みたい」、

などの働く時間や休暇に関する転職理由も引き続き上位にランクインしていますね。

 

市場としては転職市場に求人数が非常に多い状態が続いています。転職希望者側が数多くの求人の中から希望の条件を選べる状態です。

 

待遇や働く時間、休日など条件を優先して転職先を選ぶ傾向は引き続き多くみられます。

 

ではここから業界別に見ていきたいと思います!ご自身の会社の業界は離職防止のために、採用ターゲットの属している業界は採用強化の情報収集として確認ください!

 

業界別の転職理由ランキング

 

IT・通信



「IT・通信」は、やりたい仕事をするためや、スキルを積むために転職を選択することが多く見受けられます。

 

同じ業界の中でより関心のある分野や同じ仕事で年収の高い企業への転職を希望する人がほかの業界に比べ多いようです。

 

  • 1位 ほかにやりたい仕事がある 18%
  • 2位 給与に不満がある 12%
  • 3位 会社の将来性が不安 9%
  • 4位 専門知識・技術を習得したい9%
  • 5位 残業が多い/休日が少ない 6%
  • 6位 市場価値を上げたい 6%
  • 7位 幅広い経験・知識を積みたい 5%
  • 8位 会社の評価方法に不満がある 4%
  • 9位 U・Iターンしたい 3%
  • 10位 雇用形態を変えたい 2%

 

メディア・広告

 

「メディア」では業界内で利益率が異なり給与水準にも差があるため、待遇の改善を求めて転職する人が増加傾向しています

 

求人数が増加しているため、今後成長が期待できる分野への転職を希望する人や、新卒時に希望していた業界にチャレンジする人も見られます。

 

  • 1位 ほかにやりたい仕事がある 17%
  • 2位 給与に不満がある 12%
  • 3位 会社の将来性が不安 10%
  • 4位 残業が多い/休日が少ない 9%
  • 5位 専門知識・技術を習得したい6%
  • 6位 幅広い経験・知識を積みたい 6%
  • 7位 業界の先行きが不安 5%
  • 8位 市場価値を上げたい 4%
  • 9位 会社の評価方法に不満がある 3%
  • 10位 雇用形態を変えたい 3%

 

金融

 

「金融」では「業界の先行きが不安」が大幅にランクアップ。早期退職を募集する企業が出始めるなど業界の先行きを不安視した人が転職を希望するケースが目立ちました

 

フィンテックをはじめとした新しい金融系サービスに活路を見出している方が多いことが伺えます。

 

  • 1位 ほかにやりたい仕事がある 19%
  • 2位 会社の将来性が不安 10%
  • 3位 ノルマが厳しい 8%
  • 4位 業界の先行きが不安 8%
  • 5位 給与に不満がある 7%
  • 6位 顧客のためになる仕事がしたい 6%
  • 7位 専門知識・技術を習得したい 4%
  • 8位 転勤したくない 3%
  • 9位 幅広い経験・知識を積みたい 3%
  • 10位 市場価値を上げたい 3%

 

医療・メディカル



これまでの経験を活かしてやりたい仕事へ転職する事例が増えています。10位「人間関係がうまくいかない」がTOP10にランクイン。

 

大手の製薬会社や医療機器メーカーなどでは全国転勤が多いため勤務地を限定したポジションに応募が集まりやすくなっています。

 

  • 1位 ほかにやりたい仕事がある 19%
  • 2位 会社の将来性が不安 11%
  • 3位 給与に不満がある 10%
  • 4位 専門知識・技術を習得したい6%
  • 5位 残業が多い/休日が少ない 5%
  • 6位 幅広い経験・知識を積みたい 5%
  • 7位 業界の先行きが不安 4%
  • 8位 市場価値を上げたい 4%
  • 9位 U・Iターンしたい 3%
  • 10位 人間関係がうまくいかない 3%

 

メーカー・製造

 

これまで総合職として一定期間ごとに異動が発生することが多かったメーカーにおいて、専門性を高めたいという理由で転職を検討する人が増加していることが伺えます。

 

  • 1位 ほかにやりたい仕事がある 15%
  • 2位 会社の将来性が不安 13%
  • 3位 給与に不満がある 10%
  • 4位 残業が多い/休日が少ない 7%
  • 5位 専門知識・技術を習得したい6%
  • 6位 U・Iターンしたい 6%
  • 7位 幅広い経験・知識を積みたい 4%
  • 8位 会社の評価方法に不満がある 3%
  • 9位 業界の先行きが不安 3%
  • 10位 市場価値を上げたい 3%

 

商社、流通

 

待遇に関する転職理由を挙げる人が増加しました。「働き方改革」を推進する商社・流通業界の企業も増えてきていますが、

 

勤務時間の長さに不満を持ち、求人数の多い今のうちに就業環境を変えたいと考える人は引き続き増加傾向です。

 

  • 1位 ほかにやりたい仕事がある 13%
  • 2位 給与に不満がある 12%
  • 3位 会社の将来性が不安 11%
  • 4位 残業が多い/休日がすくない 9%
  • 5位 業界の先行きが不安 5%
  • 6位 専門知識・技術を習得したい 4%
  • 7位 会社の評価方法に不満がある 4%
  • 8位 幅広い経験・知識を積みたい 4%
  • 9位 U・Iターンしたい 3%
  • 10位 市場価値を上げたい 3%

 

サービス



例年転職理由順位は変わらず待遇や働き方に関する不満を理由に転職する人が多い傾向。

 

  • 1位        ほかにやりたい仕事がある 14%
  • 2位        給与に不満がある 11%
  • 3位        残業が多い/休日が少ない   10%
  • 4位        会社の将来性が不安   8%
  • 5位        土日祝日に休みたい         5%
  • 6位        専門知識・技術の習得がしたい         5%
  • 7位        幅広い経験・知識を積みたい            4%
  • 8位        雇用形態を変えたい           4%
  • 9位        不規則な勤務が不満           4%
  • 10位      市場価値を上げたい           3%

 

外食産業・小売

 

例年と変わらず待遇や休日に関する不満を転職して改善しようとする人が増えています。

 

  • 1位        給与に不満がある 12%
  • 2位        ほかにやりたい仕事がある 11%
  • 3位        残業が多い/休日が少ない   9%
  • 4位        土日祝日に休みたい           8%
  • 5位        会社の将来性が不安           7%
  • 6位        不規則な勤務が不満           5%
  • 7位        雇用形態を変えたい           5%
  • 8位        昇進が望めない    4%
  • 9位        幅広い経験・知識を積みたい            3%
  • 10位      会社の評価方法に不満がある            3%

 

職種別の転職ランキング

 

営業

 

「営業系」の転職理由は、1~6位までは前年度と同じ結果です。待遇改善だけでなく、スキルアップを目的に転職活動をする人が増加しているように感じられます。

 

  • 1位        ほかにやりたい仕事がある 15%
  • 2位        会社の将来性が不安           12%
  • 3位        給与に不満がある 10%
  • 4位        残業が多い/休日が少ない   8%
  • 5位        業界の先行きが不安           5%
  • 6位        会社の評価方法に不満がある            4%
  • 7位        土日祝日に休みたい           3%
  • 8位        市場価値を上げたい           3%
  • 9位        専門知識・技術の習得がしたい         3%
  • 10位      幅広い経験・知識を積みたい            3%

 

ITエンジニア


 

社内システムの導入等に伴う事業会社の採用が引き続き活発で、ITエンジニアに人気の高い社内SEの求人が増えているため、SIer(システムインテグレータ)からの転職を希望する人が増加しました

 

新しい技術習得のために転職活動をする人も増えています。

 

  • 1位        ほかにやりたい仕事がある 17%
  • 2位        給与に不満がある 13%
  • 3位        専門知識・技術の習得がしたい         10%
  • 4位        会社の将来性が不安           9%
  • 5位        残業が多い/休日が少ない   6%
  • 6位        市場価値を上げたい           5%
  • 7位        幅広い経験・知識を積みたい            4%
  • 8位        会社の評価方法に不満がある            3%
  • 9位        U・Iターンしたい           3%
  • 10位      業界の先行きが不安           2%

 

販売・サービス

 

年収水準の向上、働き方の改善を求めて転職活動を行う方が多い傾向が続いております。

 

  • 1位        給与に不満がある 12%
  • 2位        ほかにやりたい仕事がある 11%
  • 3位        残業が多い/休日が少ない   9%
  • 4位        土日祝日に休みたい           8%
  • 5位        不規則な勤務が不満           7%
  • 6位        雇用形態を変えたい           6%
  • 7位        会社の将来性が不安           6%
  • 8位        昇進が望めない    4%
  • 9位        幅広い経験・知識を積みたい            3%
  • 10位      会社の評価方法に不満がある            3%

 

建築土木系技術



建築・土木系技術職は求人倍率が高く、転職で年収アップを狙いやすい状況にあります。

 

採用難が続く中で、採用競争力を上げ、今いる社員の離職率を下げるために就業環境改善に取り組む企業が出てきていますが、その効果が表れ始めているのかもしれません。

 

  • 1位        ほかにやりたい仕事がある 15%
  • 2位        残業が多い/休日が少ない   13%
  • 3位        給与に不満がある 12%
  • 4位        会社の将来性が不安           7%
  • 5位        専門知識・技術の習得がしたい         5%
  • 6位        土日祝日に休みたい           5%
  • 7位        U・Iターンしたい           4%
  • 8位        不規則な勤務が不満           3%
  • 9位        幅広い経験・知識を積みたい            3%
  • 10位      人間関係がうまくいかない 3%

 

企画・管理

 

1~6位までは前年度と同じ結果となりました。

 

専門性の高い企画・管理系業務の中でも業務範囲を広げたい、という転職希望者が増加しています。就業時間の長さを転職理由に挙げる人も引き続き多い状態が続いています。

 

  • 1位        ほかにやりたい仕事がある 15%
  • 2位        会社の将来性が不安           13%
  • 3位        専門知識・技術の習得がしたい         8%
  • 4位        給与に不満がある 8%
  • 5位        幅広い経験・知識を積みたい            7%
  • 6位        残業が多い/休日が少ない   6%
  • 7位        業界の先行きが不安           5%
  • 8位        U・Iターンしたい           4%
  • 9位        市場価値を上げたい           4%
  • 10位      会社の評価方法に不満がある            3%

 

機械・電気系エンジニア

 

待遇に関する不満を転職理由に挙げる人が増えています。会社の経営難により転職せざるを得ない人は減っていることが分かります。

 

  • 1位        ほかにやりたい仕事がある 15%
  • 2位        会社の将来性が不安           12%
  • 3位        給与に不満がある 12%
  • 4位        残業が多い/休日が少ない   8%
  • 5位        専門知識・技術の習得がしたい         8%
  • 6位        U・Iターンしたい           6%
  • 7位        会社の評価方法に不満がある            3%
  • 8位        人間関係がうまくいかない 3%
  • 9位        幅広い経験・知識を積みたい            3%
  • 10位      雇用形態を変えたい           2%

 

化学系エンジニア・メディカル系専門職

 

待遇や働き方の改善を目的に転職を希望する人も増加しています。スキルアップを目指して転職活動を行う方も増えてきています。

 

  • 1位        ほかにやりたい仕事がある 17%
  • 2位        給与に不満がある 10%
  • 3位        会社の将来性が不安           9%
  • 4位        専門知識・技術の習得がしたい         6%
  • 5位        残業が多い/休日が少ない   6%
  • 6位        幅広い経験・知識を積みたい            5%
  • 7位        U・Iターンしたい           5%
  • 8位        不規則な勤務が不満           4%
  • 9位        人間関係がうまくいかない 3%
  • 10位      雇用形態を変えたい           3%

 

クリエイティブ

 

給与に関する項目とは別に働き方や働く環境の改善を転職理由として挙げる人も多くなっています。

 

  • 1位        ほかにやりたい仕事がある 13%
  • 2位        給与に不満がある 12%
  • 3位        残業が多い/休日が少ない   10%
  • 4位        会社の将来性が不安           8%
  • 5位        幅広い経験・知識を積みたい            7%
  • 6位        専門知識・技術の習得がしたい         6%
  • 7位        雇用形態を変えたい           6%
  • 8位        不規則な勤務が不満           4%
  • 9位        市場価値を上げたい           3%
  • 10位      倒産/リストラ/契約期間の満了         3%

 

事務職(アシスタント)

 

待遇改善のために転職を考える人の割合が増えています。全体と比較すると求人倍率が低い職種ですが、求人数は増加傾向にあるため、転職で違う職場に移るケースも増えています。

 

  • 1位        ほかにやりたい仕事がある 12%
  • 2位        給与に不満がある 11%
  • 3位        雇用形態を変えたい           9%
  • 4位        会社の将来性が不安           7%
  • 5位        残業が多い/休日が少ない   6%
  • 6位        幅広い経験・知識を積みたい            5%
  • 7位        専門知識・技術の習得がしたい         5%
  • 8位        人間関係がうまくいかない 4%
  • 9位        家庭環境の変化によるため 4%
  • 10位      土日祝日に休みたい           3%

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。10位以内の転職理由は業界問わずそこまでラインナップは変わりませんが、順位が異なってきます。業界ごとの特徴が垣間見えますね。

 

また冒頭でもお話した通り転職理由は1つではなく個人によってかなりバラツキがあるのでバランスよくトータルでのサポート、並びに求職者へのPRを訴求することが大切です!

 

別の記事では私の求人営業10年間の経験をもとに、私にしか語れない、

■採用単価を抑える方法

■面接で魅力的と思わせる方法

■媒体選定の基準

など、様々な企業の成功事例を含めて価値ある情報をお伝えしていきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。