ノウハウ

リファラル採用のメリットと、その効果的なケースについて

 

 

2019年からよく耳にするようになったリファラル採用社員に友人や知人を紹介してもらう採用手法のことを指します。社員からの紹介になりますので採用のミスマッチが起こりにくく採用コストの抑制が期待できる採用手法となり注目を集めております。

 

リファラル採用とはどのようなものか。メリットやポイントをご紹介していきます。

 

リファラル採用とは何か、導入の背景

 

リファラル採用とは

 

再掲ですがリファラル採用とは自社の社員に友人や知人を紹介してもらう採用手法のことを指しリファラルリクルーティングとも言われています。ダイレクトソーシング(ダイレクトリクルーティング)の一種として、近年、日本でも注目が集まり導入されております。

 

導入背景

 

リファラル採用が導入されるようになった背景としては個人の働き方やビジネスモデルが変化・多様化し近年有効求人倍率の高まりを受けて採用活動が難航している状況が続いており新しい採用手法として注目されました。

 

その中で企業は応募を待つ姿勢から採用候補者を自ら探しにいくという新しい姿勢が求められるようになり、ダイレクト・ソーシング(ダイレクトリクルーティング)の一環としてリファラル採用が導入されるようになったのです。

 

一方で、既存社員の定着率を高める目的として、社員のエンゲージメントを高める活動として、リファラル採用が着目されるようになったという背景もあります。

 

リファラル採用で、社員が自ら企業理念を友人に伝えることで、エンゲージメントを高める動きにつながるとして注目されているのです。

 

リファラル採用と縁故採用との違いって何?

 

縁故採用という言葉にネガティブな印象を持つ人は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?社員からの紹介を受けて採用する点ではリファラル採用と縁故採用は同じです。

 

縁故採用は「血縁関係や特別なつながりのある人物」を紹介されるという意味で定着しており、能力やスキルの有無に関係なく、血縁的なつながりやコネを理由に採用するイメージがあることも事実としてあります。

 

リファラル採用に関して必要になる費用

 

リファラル採用は社員の交友関係から人材を探すため、一般的に募集する際の求人広告の掲載費用や人材紹介サービスの紹介手数料などの外部コストは原則発生しません!

 

ですが積極的に紹介してもらうため紹介報酬制度(紹介者ボーナス)を設けている企業が多く見受けられ、それ以外にも必要に応じて発生する費用があるので確認していきましょう!

 

紹介報酬制度(紹介者ボーナス)

 

紹介報酬制度とは、紹介者に対して一定のインセンティブを支払う制度で支給金額に明確な基準はなく、企業の判断に委ねられています。※1人当たり数万円~数十万円の報酬等

 

インセンティブ以外に必要な採用活動費

 

イベントへの参加や外食など、採用にかかわる活動費や交際費を支給する、もしくは負担する仕組みを整えることで積極的に採用活動に参加できるようになるので効果的です。

 

外部サービスの利用料金

 

リファラル採用のプラットフォームを提供する外部サービスを利用する場合には利用料がかかります。自社の制度が整っていない場合は導入メリットがあります。

リファラル採用のメリット

 

ミスマッチを防ぎ、入社後の定着率向上につながる

 

社員の友人が対象になるため、紹介される友人は社員と似た価値観を持っている可能性が高く定着度合いが高いことが期待できます。そのため採用のミスマッチが起こりにくく、社内に友人がいることで不安が払拭でき入社後の早期退職を防ぐ効果にもつながります。

 

採用コストの抑制につながる

 

リファラル採用が進むと求人広告掲載費用や人材紹介サービスの紹介手数料など外部コストをかけずに採用できるようになり従来の採用単価と比較してコストを抑えることができる。

 

転職活動をしていない潜在層にもアプローチすることができる

 

直接的な転職活動を行っていない人材にも友人の何げない相談から、社員が入社を勧める動機付けを行うため、転職活動をしていない潜在層へのアプローチに繋がります。

 

転職活動はしていないが悩んでいる人、「いい会社があれば」と思っている人です。

 

社員のエンゲージメントを高める効果がある

 

リファラル採用活動時、友人に企業理念や、なぜこの会社に入ったのか、何をしているのか、今後なにを実現したいのか?など社員としての原点を語ることで、キャリアや会社の魅力を見つめなおすきっかけとなり、エンゲージメントを高めることに繋がります。

 

リファラル採用が効果的なケース

 

中長期的な視点で採用コストを抑制したいと考えいるケース

 

リファラル採用で定期的に数名でも採用できるようになれば採用費用を抑えることができるため1人当たりの採用単価を従来の採用手法時よりも抑制することができます。

 

リファラル採用には制度設計と社内認知の促進が必要不可欠で、定期的に採用ができるようになるまでかなり時間がかかるため、最初は他の採用手法と併用して採用活動を行うことをお勧めします。

 

社員の定着率を高める目的での活用

 

リファラル採用は社員の友人が対象になるため、社員と似た価値観を持っている可能性が高いことから採用のミスマッチが起こりにくい特徴があります。

 

紹介する社員にとっても、友人に自社の魅力を伝える活動そのものがエンゲージメントを高める動きにつながるため、社員の定着率を高める効果が期待されています。

 

まとめ

 

いかがでしたか?リファラル採用の良さをわかっていただけましたか?採用活動という点以外にも社員のエンゲージメントを高める効果は何物にも代え難いですね!

 

ですがリファラル採用を成功させるには制度を整えしっかり周知させることが重要です。すぐに成果には繋がりませんが企業が継続して活動していくのであれば必ず取り組むことをお勧めします。

 

別の記事では私の求人営業10年間の経験をもとに、私にしか語れない、

■採用単価を抑える方法

■面接で魅力的と思わせる方法

■媒体選定の基準

など、様々な企業の成功事例を含めて価値ある情報をお伝えしていきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。