知識・情報

「ATS」って何?採用管理システムの概要と種類、選び方

 

こんにちは、人事マスクです。ATSはどの会社のものをお使いですか?中途採用と新卒は分かれていますか?

 

少し意地悪な聞き方をしましたね。ATSはご存じですか?ATSはApplicant Tracking Systemの略で一般的な採用管理システムを指します。

 

採用業務の効率化を図るためのシステムになっており、煩わしいExcelでの管理や、属人化しがちな業務を「見える化」するため、媒体社やエージェントとのやり取り、応募管理を一元化するものです。

 

今回はATSの概要、メリット、デメリット、どのような種類があるのか、簡単にですが選び方をご紹介できればと思いますのでお付き合いください。

 

ATSとは

 

では最初にATS、採用管理システムは何ができるのかご説明いたします。ATSは募集から採用までのプロセスを一元管理できるサービスになります。

 

採用業務の効率化に役立つシステムとして、求人の作成、応募者の情報やデータ管理、面接の評価や進捗などの選考状況までを管理できるものです。

 

ATSで管理できる項目は主に

  • 求人管理
  • 求人の案件の作成や管理 母集団形成
  • 情報管理
  • 履歴書や職務経歴書など候補者の情報、データ
  • 選考管理
  • 面接官の評価やFB 候補者の面接の進捗具合
  • 内定者管理
  • 内定通知 内定から入社前フォロー

 

ATSの具体的な機能

 

簡単にですが具体的に何ができるのかまとめております。

 

  • 自社のHP内に求人ページ制作
  • 複数の求人広告やエージェントを一括管理
  • 求人媒体と連携させ応募者の一元管理
  • 応募~面接までの自動化
  • 履歴書、職務経歴書を含む応募者の情報を一元管理
  • メールをはじめとしたコミュニケーションをシステム内で実行できる
  • 面接評価、FBなどの入力管理
  • 選考の進捗状況を可視化
  • 各媒体社やHPからの流入などの効果分析、レポート機能

 

ATSを使うメリットとデメリット

 

メリット

 

メリットはATSの概要でもお伝えしている通り求人から採用までを一元管理することにより人事工数を削減できることが挙げられます。

 

採用のPDCAを回すスピードも早く、「見える化」することによって属人化することを防ぎ効率よく攻めの採用戦略を実現し、採用成功に結び付きます。

 

またサービスはクラウド型になっておりダウンロードタイプのソフトと比較すると導入時の初期投資を抑えられるのもメリットです。

 

データはサーバーで管理されていてPCや事業所など拠点が違っても複数拠点から同じサービスを利用できる点もメリットです。スマホやタブレットでも利用できます。

 

デメリット

 

今までATSを使用していなかった企業からすると、費用が掛かるという点をデメリットに挙げられる企業様もいらっしゃいます。

 

また自社の採用に合わないシステムを選択すると操作方法や初期設定に工数を取られ結局ほとんど使用されず解約されるというのはデメリットに当たります。

 

場合によりますがアナログな作業がかなり多いケースではATSではなくRPO(採用業務アウトソーシング)の導入を検討するほうがいい場合もあります。



ATSの選び方

 

ATSの概要をご理解いただいたところで、多数のシステムがある中でどのように選ぶのか見ていきましょう!

 

ATSは自社に合ったサービスを選びましょう!ざっくりとしたアドバイスになってしまいますがそれに尽きます。下記3点をチェックの項目にしてください。

 

  • 操作性(UI)が高いかどうか
  • 推奨企業規模が自社とあっているかどうか
  • 使用している求人媒体や既存の自社のタレントマネジメントと連携できるかどうか

 

上記は必ず確認が必要です。また他には求人の内容別に管理したいか、運用を担う社員の人数など目的や使い方によって選定する必要があります。

 

人事マスクは見極めのために無料トライアルができる商品が良いと思っています。

 

費用

 

一般的にクラウド採用管理システムの価格は初期費用+月額運用費で構成されています。月額運用費は使用するユーザー数や管理する応募者数などにより変動します。

 

何をどのように管理し解決したいかにもよりますが初期費用は0円~100万円程度まで差があり、月額運用費は5千円程度から20万円程度となります。※カスタマイズにより異なります。

 

ATSの種類をご紹介

 

ATSはかなり種類が多いサービスになっております。どれがいいということは無くどれが自社に合うのかという選定基準となります。

 

各ジャンルに合わせご紹介しますが、「あなたの会社の状況」が人事マスクにはわからないので興味が出たものやジャンルをお調べください。

 

  • 幅広い求人を一元管理できるATS
  • 無料から使えるATS
  • 新卒に特化したATS
  • 中途・リファラルに特化したATS
  • アルバイト・パートに特化したATS

 

幅広い求人を一元管理できるATS

 

  • jinjer(ジンジャー)採用 – 株式会社ネオキャリア
  • Cycle – エン・ジャパン株式会社
  • Reclog(リクログ) – HRソリューションズ株式会社
  • talentio(タレンティオ) – 株式会社タレンティオ
  • SuccessFactors Recruiting – SAPジャパン株式会社
  • マッチングッド – 株式会社ブレイン・ラボ
  • ソーシャル採用管理ソリューション – PwC japan合同会社
  • gate(ゲート) – 株式会社HYPERION
  • dotManager – 株式会社文化放送キャリアパートナーズ
  • Jobギアらくらく採用管理 – 株式会社アイデム
  • スタンバイ・カンパニー – 株式会社ビズリーチ

 

無料から使えるATS

 

  • リクナビHRTech採用管理 – 株式会社リクルートキャリア
  • engage – エン・ジャパン株式会社
  • ジョブカン採用管理
  • HERP Hire
  • ジョブスイート
  • Catch bowl
  • HITO-Linkリクルーティング
  • Zoho Recruit

 

新卒に特化したATS

 

  • エアリーフレッシャーズクラウド – EDGE株式会社
  • TARGET – Attack株式会社
  • i-web(アイウェブ) – 株式会社ヒューマネージ
  • GJコミュニケータ – 株式会社学情
  • LePMOS(レプモス) – 株式会社ヒューマンセントリックス
  • ACCESS ON LINE – 株式会社マイナビ
  • e2R – 株式会社ワークス・ジャパン
  • Smart Shuttle(スマートシャトル) – 株式会社ハーテック

 

中途・リファラルに特化したATS

 

  • AOLC(アクセスオンラインキャリア)- 株式会社マイナビ
  • GLOVER Refer – 株式会社リクルートキャリア

 

アルバイト・パートに特化したATS

 

  • EntryPocket – 株式会社マイナビ
  • ジョブオプ採用管理 – 株式会社リクルートジョブズ
  • リクオプ – HRソリューションズ株式会社
  • ハイソル – HRソリューションズ株式会社
  • ビズプラ採用管理 – 株式会社フューチャート
  • HITO-Manager – パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

 

どうです?驚くほど種類があるでしょう?これでもまたメジャーなシステムをご紹介しただけに留まっております。

 

まとめ

 

人材獲得競争の加熱から採用は経営を左右する課題です。その採用管理を一元化することは人事担当者の工数を減らし採用成功に限りなく近づきます。

 

ここでは各システムの特徴などはご紹介しておりませんが人事マスクはまず無料のシステムを使用し、そのシステムに対して更にやりたいこと、欲しい機能などを整理することをお勧めします。

 

いきなり有料版を使用しても、どうしても勝手がわからないものだと思っております。



 別の記事では私の求人営業10年間の経験をもとに、私にしか語れない、

■採用単価を抑える方法

■面接で魅力的と思わせる方法

■媒体選定の基準

など、様々な企業の成功事例を含めて価値ある情報をお伝えしていきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。