就活・転職ランキング

薬剤師の仕事の悩み、転職理由、職場選びのポイントなどを一挙ご紹介

今回は薬剤師のお話をしたいと思います。薬剤師は、「調剤」のできる唯一の国家資格であり、医療の中で重要な役割を果たしています。

 

薬学部で6年間学び、国家試験に合格する必要があるため、取得する難易度が極めて高い資格。人々の健康を守るという重要な役割を担うことができ、それに見合った高収入を得ることもできます。

 

そんな薬剤師が抱えている不安や、悩みをご紹介し「今悩んでいるのはあなただけではない!」と言うことに気づき、少しでも楽になってもらえればと思います。

 

薬剤師の悩み

 

では薬剤師の方が抱えている悩みをご紹介しましょう。新人の方は特に抱えることが多い悩みだと思います。

 

疑義照会・服薬指導への不安

 

初めて医師に対して疑義照会するとき、服薬指導のときには、どんなに薬の知識があっても最初は誰もが緊張するのではないでしょうか。

 

疑義照会や服薬指導への不安は、経験を重ねていくことで克服できる場合が多いものなので慣れないうちは仕方のないことなので少し長い目で考えてみるのが良いでしょう。

 

患者や医療関係者とのコミュニケーション

 

特に服薬指導は、薬の専門知識だけあれば務まる単純な仕事ではなく、コミュニケーションスキルを要する仕事ですね。

 

対話が必要な相手は、患者だけでなく、調剤薬局であれば近隣医療機関の医師や受付スタッフ、病院であれば看護師や臨床検査技師など医療関係者とのコミュニケーションも求められます。

 

間違うよりはゆっくりと丁寧に行うことが良いでしょう。

 

先輩・上司との人間関係

 

同じ職場の先輩、薬局長などの上司との人間関係を抱えている方は少なくありません。

 

職場の雰囲気が暗かったり、上司や先輩に不信感を抱いていたりと、学生時代は好きな人とだけ付き合っていても何も問題はありませんでしたが、社会人ともなればそうはいきません。今までと違った環境に慣れるには、ある程度時間が必要となります。

 

思っていた職場と違った

 

あまり社会経験のない頃は、給与や待遇など目先の情報だけで職場を選んでしまい、「こんなはずではなかった」と後悔することもあります。

 

ミスや経験不足によるトラブル

 

数千種類とある薬の製品名、処方箋の読み方、先輩のスピード、機械の操作など経験不足からの悩みを抱えてしまいがちです。

 

だれもが間違いを繰り返して仕事を覚えていくものなので注意されることに対する不安感やストレスも増えていきますが誰もが経験するものなので安心してください。

 

悩みを解決するために

 

では持っている悩みを解決するためには、どのようにすればいいでしょうか。簡単にですがご紹介していきますので是非参考にしてみてください。

 

慣れるまでには経験が必要

 

薬剤師は様々な経験を積んで初めて一人前になります。最初から完璧にできる人はいません。慣れるまでには時間と経験を要することを理解し、焦らず日々の業務に取り組みましょう。できないことを恥じるのではなく、できることを増やしていこうとする姿勢が重要です。

 

信頼できる人への相談

 

知識不足は勉強して習得するしかありません。ですが人間関係の問題やミスの原因解決などは、周囲に相談することで糸口をつかめる場合もあります。

 

まずは勇気を出して信頼できる上司や先輩、同僚でも良いので、相談してみましょう。相談相手は大抵同じような経験をしているので具体的な解決法を示してくれます。

 

転職を検討する

 

様々な解決法を試すことは重要です。ですが今の職場に限界を感じている場合には転職を検討してみるのも一つの方法です。

 

転職という手段に否定的なイメージを持っているかもしれませんが薬剤師業界において転職は珍しいことではありません。今後のキャリア形成においてプラスになる場合も多くあるのです。

 

薬剤師の転職理由

 

では、上記悩みに加え、ほかの薬剤師がどのような理由で転職しているのか見ていきましょう。自分と同じ理由があれば悩んでいるのは1人ではないと安心材料にもなるかと思います。

 

「薬剤師を辞めたい」と思う方は実際のところ、仕事内容ではなく、現在の薬局や病院などの職場に不満があるケースがほとんどだと言えます。

 

実は、私達が抱えるストレスや悩みのほとんどに人間関係が関わっています。本当にその仕事自体が嫌になったのか、それとも、「取り巻く環境と人間関係に疲れてしまった」「仕事場に不満が募ってしまった」のか改めて考えてみましょう。

 

一般的に多いとされる辞めたい理由をご紹介していきましょう!自分に当てはまる理由を確認し、原因や改善策を考えてみてください。本当に辞めるべきかどうか考え直すきっかけになれば幸いです。

 

理由1、仕事がうまくいかない

 

薬剤師の仕事では「経験」と「慣れ」そして「知識の積み重ね」が大切です。この3つが備わっていないうちは、毎日の業務であるピッキングや計量調剤、監査、投薬など大変に感じることも多いはずです。

 

こういった悩みはどの仕事にも共通する問題です。原因は自分の能力不足だけでなく環境による影響も多い為、薬局の業務体制が整ってないことが原因であれば、他の薬剤師の職場で能力を伸ばすことを考えても良いでしょう。

 

理由2、大きな調剤過誤

 

どのような仕事でもミスは付きものですが、人の命を預かっている薬剤師の仕事において調剤過誤は本来あってはならないものです。しかし、一人のミスが原因ではなく、組織的な原因が隠れていることも多いのが現状です。

 

ダブルチェックや監査システムが整ってない、あまりにも忙しすぎるなど、職場の業務体制に問題があるならば今の職場を離れてほかの薬剤師の職場を探すのも良いのではないでしょうか

 

理由3、人間関係の悩み・トラブル

 

薬剤師の悩みとして多くあげられるのが、人間関係に関わることです。薬局は大きな組織である会社と比べると小さな世界になることが多い傾向にあります。

 

毎日のように同じ人間と狭い空間で密に接するのですから、個々の人間から受けるエネルギーも大きくなります。人間関係のトラブルを解消することが難しくても、他店舗への配置転換などで解決できる可能性があります。

 

理由4、人間関係の悩み・トラブル

 

パワハラや暴力的な発言や行動や上司、薬局長などの方針がずれていたり仕事をしない上司、仕事ができない上司など上司に対してのストレス、人間関係のトラブルを抱えると大きく負担を感じるものです。

 

上司に対して直接意見をいうことで解決できるケースは少なく会社に直訴しても改善されない場合には退職を検討してみても良いでしょう。

 

理由5、教育体制や研修補助制度

 

小さな規模の薬局では教育体制が整っておらず、研修の補助金や薬局内での研修がないという場合もあります。薬剤師というのは資格を取ったら終わりではなく、日々新しい情報をキャッチアップしていくことが重要です。

 

薬剤師としてもっとキャリアを積みたいと思うなら、適した風土の整った職場を探してみるのも1つの手法です。

 

理由6、給与

 

どのような仕事でも給与が低いとやる気が削がれてしまい、前向きに業務に取り組めなくなってしまいますね。

 

「昇給のチャンスがない」「昇給してもわずか」という制度では頑張る気力も削がれてしまう為、給与について交渉の余地がないならば、他の職場を探してみるのが良いかもしれません。

 

理由7、残業や業務量

 

いわゆるブラック薬局です。不当に長い労働時間を強要される場合もあれば、十分な人材確保がなされず、一人当たりに業務の負担が大きくかかってしまいます。

 

労働時間が長いと疲労が蓄積して体を壊してしまったり、余暇の時間を十分に確保できなくなったりします。いくらその分の残業代をもらえたとしても、仕事への満足度は低下します。

 

そのような職場では有給休暇も取りにくく、精神的にも身体的にもあまり良い状態とはいえないでしょう。

 

理由8、閉鎖的で息苦しい職場

 

薬局は多くの小さな空間に限られているため閉鎖的になりがちです。同じスタッフ、同じ場所、同じ仕事の繰り返しでマンネリ化しやすい性質もあります。

 

閉鎖的な職場だからこそ、明るい雰囲気で働けることが大事ですが、暗い雰囲気であれば一層息が詰まってしまいますよね。これは薬局や病院の雰囲気にもよるものなので、職場や勤務先を変えれば解決できることも可能です。

 

理由9、納得のできない評価

 

小さな規模の薬局であればあるほど、大企業のような評価システムが整っていないケースが多く、自分の努力により薬局の売り上げや業務体制が大きく進歩したとしても、正当に評価して報酬面に反映してくれないケースがあります。

 

正当に評価されないということはモチベーションの低下につながります。自分の働きに見合った収入でない、経験に応じたキャリアアップが見込めないなどの理由で転職を検討することは決して悪いことではありません。

 

失敗しないための職場選びのポイント

 

解決できない問題を抱えて転職に踏み切る場合、どのようなことに気をつけたら失敗がないのでしょうか。この章では理想の職場を見つけるためのポイントをお伝えしていきましょう。

 

キャリアデザイン

 

自分の5年後、10年後を具体的に想像してみて見ましょう。どのような薬剤師になっていたいですか?「〇〇については誰にも負けない」「患者さまに指名されるほどの薬剤師になりたい」など、具体的な自分の理想像を思い描きましょう。

 

理想の薬剤師になるには、どんな職場でどのような経験を積めば良いのかを考えてみると、今自分がやるべき方向性が見えてくるはず。そのキャリアデザインに応じた職場を探すことが、ポイントとなります。

 

条件に惑わされない

 

「高収入」や「土日休み」などの好条件に目がいってしまいがちですが落とし穴が無いかしっかりチェックしましょう。思わぬ落とし穴にハマらないように、十分な情報収集を行うことが重要。求人票の見方にはポイントがあるので、事前に理解しておくようにしましょう。

 

職場見学

 

職場のホームページや求人票の情報をもとに仕事を探すだけでは、職場の雰囲気がつかみにくく、スタッフの人柄や年齢層、勤務形態までを十分に把握することはできないので実地を見学することをおすすめします。

 

転職コンサルタントを利用する

 

転職コンサルタントは、業界知識や個社に関する豊富な情報をもった転職のプロ。自己流の転職活動や友人からの紹介という方法もありますが、転職コンサルタントを利用した方が的確なアドバイスを受けることができます。

 

転職コンサルタントを利用すると、幅広い選択肢のなかから選ぶことができるうえ、自分では確認しにくい情報も得られるので、希望にあった職場を見つけやすくなります。

 

条件交渉や質問なども間に入ってくれるので、自分の希望する職場と実際に働く職場との間でギャップを感じにくいというメリットがあり、相談も無料となるので気軽に相談することをお勧めします。

 

お勧めのサイト

 

いくつかサイトをご紹介するので参考にしてみてください。

 

株式会社メディカルリソース/ファルマスタッフ



高収入情報満載!薬剤師の求人・派遣・転職といえば「ファルマスタッフ」

 

求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート

 

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェント

 

with_Career株式会社/ジョブデポ薬剤師




8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイト

常勤・非常勤を問わず全国の薬剤師の転職をサポート

 

専任のコンサルタントが求職者の希望条件をヒアリングしてそれに合致したお仕事をスピーディーにご紹介

 

株式会社カスタマ/ ファゲット



薬剤師転職サイトファゲット薬剤師はサイト運営16年と業界でも2番目に古く実績のあるサイト

 

長年のサイト運営により登録率UPのために研究された仕掛けが満載!登録率が非常に高い

 

株式会社AXIS /薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ



選任コンサルタントがミスマッチのない転職をご提案

 

大手薬局チェーンの子会社なので安心

 

 

エムスリーキャリア株式会社/薬キャリ




最短即日・最大10件の求人をご紹介

非公開求人多数・市場に出ていない求人も確認

面接の日程調整や条件交渉を代行

求人情報の裏側まで調査

 

株式会社メディカル・コンシェルジュ/MC─ファーマネット




全国25拠点で展開しているため、地方ニーズにも対応

 

専任のコンサルタントが書類作成、面接同行、給与交渉全て対応

 

薬局でのパート~治験・製薬会社の転職求人まで豊富で良質なものが多い

 

株式会社マイナビ



薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、「利用者満足度No.1」の評価

 

株式会社メディウェル/薬剤師転職ドットコム




業界トップクラスの求人数を誇るサイト

すべて無料で「求人探し~キャリア相談~応募~面接~条件交渉・日程調整~入職の手続き」のサポートを受けられます。

 

まとめ

 

どのようなお仕事にも悩みはあります。1人で抱えるのではなく周りに気軽に相談し、解決してもらえれば幸いです。

 

別の記事では私の求人営業10年間の経験をもとに、私にしか語れない、

■採用単価を抑える方法
■面接で魅力的と思わせる方法
■媒体選定の基準
■就活生、転職希望者に役立つ情報

など、様々な企業の成功事例を含めて価値ある情報をお伝えしていきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。