その他

近未来の加速~5G実装による働き方の変化やポイントをご紹介

 

直近2020年の春から次世代ネットワーク5G」が商用サービスを開始しましたね!1Gから4Gの時代ではネットワークの拡大と共に携帯電話はスマートフォンへと大きく変化しました。

 

今回の5Gにおける最大の特徴は個人向けではなく、ビジネスや産業において大きな活躍が期待されるものとなります。

 

今回はその5Gを受けてわたしたちの社会がどのように変化していくのかを見ていきたいと思います。

 

5Gの特徴、起こりうる時代の変化とは

 

5Gの大きな特徴として代表的なものは下記3つとなります。

 

高速・大容量

 

データ通信が高速、大容量となり4Kのような高画質動画の配信が容易になります。

 

超低遅延

 

超低遅延によってリアルタイムに近い情報通信が可能になります。これによりロボットやモビリティの制限、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)の制度が向上します。

 

同時多数接続

 

多くの端末を同時に接続することが可能となり、1つの基地局からより多くの端末やセンサー機能させることが可能となります。

 

商用化によるビジネスモデルの変化と拡大

 

1980年代に1Gが登場し1990年に2G、2000年に3G、2010年に4Gと、これまで携帯電話ネットワークは約10年単位で進化してきています。

 

従来までは通信サービス市場をけん引するのは一貫して消費者のニーズでしたが今回の5Gは消費者のニーズを圧倒的に越えているものとなります。

 

同時接続が可能でも個人は100倍もの端末を接続しませんし、超低遅延に関しても人間が感知できる程度の遅れに対応する用途であれば必要ありません。

 

ちなみに超低遅延の機能は、工場や建設現場のロボット遠隔操作、あるいは自動車の運転支援などに活用されるのです。

 

5Gの機能は従来と比べて産業向けとなっており、それを通して消費者の生活が変わるのです。

 

アメリカと韓国ではすでに商用化されている

 

なぜこの2国では商用化されているのでしょうか?背景を簡単にご説明します。

 

アメリカ

 

国土が広いアメリカでは郊外に、まだ光回線が届いていない家が多く、そこから宅内のWi-Fiルーターを5Gでつないでいるのです。

 

韓国

 

実は韓国は5Gの契約者が2020年1月時点で世界1位となっています。世界的にもデジタル先進国となっており、大容量通信のニーズが高いためです。

 

ビジネス向けとご説明した5Gですが、どちらの国でもまずは消費者から拡大しているのです。消費者向けサービスから産業用途に利活用が広がっていくのです。

 

ギグワーカー 働き方の変化

 

5Gのメリットとしては、手元の端末でリアルタイムのスポーツ観戦ができる、高画質で患者を診断する遠隔医療が進むなど、様々ですが、具体的に企業と個人にはどのような影響があるかご紹介していきましょう。

 

働き方の変化

 

VRのデバイスなどは現在ゲーム用ですがこれがコミュニケーションデバイスとして普通に使われるようになればテレワークは一層進みます。

 

逆に考えると、家から外に出て、シェアオフィスや会議、商談をするなど、人が集まるということには今まで以上に大きな意義が必要となってくるのです。

 

様々なものの意義が揺らぐ

 

こんごの新しい働き方として、時間やエリア、期間を自分で選ぶ「ギグワーカー」が増えると考えられます。

 

1つの企業でキャリアを積むのではなく、単発でプロジェクトごとにチームが変わるような企業の枠を越えた働き方が5Gの世界では可能となります。

 

リアルな空間、リアルな時間の価値が、改めて問われており企業は常に魅力的なビジョンを提示し続けることが重要となります。

 

デジタルサービスのリアルへの浸食

 

具体的にはFacebookで誰かと繋がったり、電子化されたデータの検索、オンラインショップでの試着をしたりなどますます浸食は進んできております。

 

ゲームではなく、仕事や医療に使うとなれば1人1台VRデバイスが必要になるでしょう。リアルとデジタルの融合の点ではVR、ARが更に身近なものになるかと思います。

 

プライバシーにおける懸念点

 

5Gの普及によるメリットは大きいものとご説明してきましたが、リスクとして想定されることはどのようなことになるのでしょうか。それがプライバシーに関するリスクです。

 

個人情報

 

個人情報とは個人を特定できる情報のことです。個人情報に関しては、すでに保護する法律があります。

 

プライバシーとは私事や私生活を含め、自分の情報を他人に干渉されたり、侵害されたりすることがないという権利で、民主主義の根幹を成すものです。

 

現代社会では個人情報を含め、個人に紐づくパーソナルデータを企業が収集しています。

 

キャッシュレスサービスなどの利用の際、購買情報をはじめとする自分の趣味嗜好、ライフスタイルといったパーソナルデータを事業者に提供していることになります。

 

どこまで利用者が自覚しているかという問題があり、判断するのは自分自身なのですが、ITリテラシーが現実に追いついていないという印象を受けます。

 

どの企業をどこまで信頼し、情報を提供するか。それは、ユーザーが自分で見極めなくてはならず、自分の情報をコントロールするのは、自分の責任でもあるのです。

 

企業として個人データの情報漏洩などがあれば、あっという間に信頼が地に落ちるので、いっそう真摯な姿勢が問われる世界になるでしょう。

 

5Gの時代に必要になるもの

 

AIの進化によって監視社会になることを危惧する声も多いように感じますが、人口減少が明確である日本の地方での、AIが可能にする省人化にはメリットです。

 

テクノロジーには常に光と影の側面があり、リスクをコントロールし、メリットを追求する方法を考えなくてはなりません。

 

特殊技能

 

特殊技能を持った個人がコワークしやすくなるような、個人の力で生きていく社会になっていく中で、特殊技能が無いひとはどうすればいいのか。

 

今後、特殊技能の定義が変わってくると考えられます。従来までの価値観では測れないような技能が武器になりえる社会が到来するのです。

 

同じ資格を持つ人とは差し替えが利くので、ニッチな能力が強みになります。

 

容易にまねできない、再現性がない技能は強い。逆に、型にはまった資格取得に励んでキャリアアップを図ろうとする人のほうが危険というわけです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?1つ1つ何が変わるのかなどをご説明することはできませんので概要をお伝えさせていただきました。

 

今後さらに目まぐるしいスピードで社会が変わっていく中で、大切なことは従来の考え方や価値観ではなく新しいものに向き合うことだと思います。

 

別の記事では私の求人営業10年間の経験をもとに、私にしか語れない、

■採用単価を抑える方法

■面接で魅力的と思わせる方法

■媒体選定の基準

■就活生、転職希望者に役立つ情報

など、様々な企業の成功事例を含めて価値ある情報をお伝えしていきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。